カードローンと個人再生の関係性

即日融資を売りとしているカードローンはアコムやプロミス、アイフル、レイクなど人気としています。テレビCMでもお馴染みとしていますので、以前のサラ金としたイメージではなく誰でも手軽にお金を借りることができるようになっています。そこで便利なカードとして一人で2枚、3枚所持している人も珍しくはありません。また勤労者数の5人に1人は利用しているとした統計もでています。

 

安定した収入があれば学生、主婦でも借りることができるところもありますが、偶発的な借入れを繰り返すことで返済が困難とするケースもみられます。債務整理とカードローンの関係は密接とし任意整理により借金問題解決とする人が多いようです。また金額も多額となり個人再生により再建を図る人もおり、最終的に自己破産という方も実在しています。

 

カードローンの借金でマイホームが危ない!

 

自宅を購入する際にはたいていの家庭は住宅ローンを組むこととなります。しかし急な出費や浪費などにより度重なるカードローンからお金を借りることによって、収入のほとんどが住宅ローンと借金の返済でなくなってしまうという方もいます。そのため生活費のために新たに新規カードローンの借入れをすることで、最終的には債務整理を行わなければならない状況に追い込まれてしまいます。

 

そこで自宅を失わずに大幅な減額が期待できるとして、カードローンの借金を個人再生の手続きをする人も増えているようです。

 

個人再生後のカードローン借入れはできる?

 

しかし債務整理をすることによって、信用情報に事故として記載されることとなります。そのため個人再生後では消費者金融や銀行、クレジットなどからの借入れは削除されるまで困難としています。ですので現金生活となりますので、今以上に節制して収入の範囲で生活することを心掛けることが大切となります。

 

銀行、消費者金融どっちが良い?

 

どちらのカードローンも手軽に申込みをすることができ、即日融資としてお金を借りることができる金融商品としています。それぞれのサービスを売りにしていますが、銀行では低金利としており人気となっています。しかし消費者金融よりも比較的審査が厳しいこともあり、ブラックに近い人や低収入としている人では審査が緩いとしているところに契約する人が多いようです。

 

短い借入れならそれほど気にすることはありませんが、長くまたは多額としているなら金利はかなりの負担となることが考えられます。高ければそれだけ返済する額も増え、リボ払いにすれば元本がなかな減らずに利息だけを支払っている状況としている人もいます。そのためできるなら利息の低いところの銀行への借入れがおすすめとなっています。