家族の借金問題に巻き込まれる可能性は?迷惑かけたくない!

借金が一人だけの問題で済むなら良いのですが、最も身近な家族に影響する場合も考えられます。結婚して家族が増え幸せな生活を築いてきたもの債務によって崩壊するケースなども少なくないようです。また同居する親やまたは反対に子どもに迷惑をかけてしまうこともあり得るようです。

 

しかし借金返済が困難としながら家族に内緒で債務整理を行うこともできますし、完済していつも通りに生活することも可能としています。それでは家族の借金問題に巻き込まれるケースとはどの様な場合となるのか気になるところでもあります。ここではその影響と可能性についても検証し、まとめてみましたのでご覧くださいね!

 

家族が連帯保証人または保証人の場合!

 

例えば旦那さんがお金を借りる際に妻が連帯保証人などとした場合では、旦那が返済困難として延滞すると妻へ借金返済の請求がきます。そのため家族が保証人としている場合では借金問題は大きく影響することが考えられます。

 

夫婦が生計を共にしているのが当然としていますので、どちらとも支払いができない場合には2人一緒に自己破産をすることも考えられます。また借りた本人が任意整理、個人再生を行うとしても負債の請求は妻のところへ行きますので、同様に債務整理をしなければならなくなります。

 

少額ならまだしも多額となると夫婦同時に破産も考えなくてはいけませんので、家族のなかで借主と保証人の立場とする場合には大きなリスクを背負うことも認識しなければならないようです。

 

亡くなった夫に多額な借金が発覚!どうする?

 

突然の旦那の死亡により、悲しむ間もなく多額の借金が妻へ請求がきたということも決してドラマの世界だけではありません。遺産の相続をすることで負となる債務も引き継がなければなりません。知らない間に借金をしていたため突然のことで迷われる方も多いようです。そこで相続を放棄することで借金の返済義務はなくなります。しかし放棄することでプラスとなる遺産を引き継ぐことができなくなります。

 

そのため借金のマイナスと残された遺産のプラスのどちらが多いかによって放棄するべきが、相続するべきか決めなければなりません。そこで弁護士に依頼することで問題を速やかに解決することが期待できるようです。また旦那の借金が長い間の取引であれば過払い金発生も期待できそれにより、返済することも期待できるとしています。

 

借金問題は家族に影響を及ぼすことも考えられ、何らかの問題に巻き込まれる可能性もあります。そのため借金返済が困難とした場合には家族に相談することも大事としています。しかしなかなか正直に言えないという方では、どうにか問題を解決しなければなりません。

 

そんな時に頼りになる弁護士、司法書士となります。家族に内緒で債務整理をすることも可能とし、バレズに借金完済も期待できるとしています。