うつ病が原因で多額の借金をすることも

国内ではうつ病により苦しんでいる方は多く存在しています。ハッキリとした原因はわかっていませんが、ストレスやからだの病気、環境の変化などさまざまな要因が重なって発病すると考えられています。その症状は抑うつ気分や意欲低下、思考力の低下など心の問題が生じてきます。

 

また睡眠障害や食欲の低下、反対に増加、疲労・倦怠感、ホルモン系の以上などその他からだの症状も問題としています。そこでうつ病により借金を抱える人も珍しくはなく、密接な関係としていることが言えるようです。

 

うつ病で仕事ができない!

 

先ほども記載したようにうつ病を発症することで、これまでに仕事として業務をこなしてきたことが難しくなることが考えられます。人によっては症状は様々としていますが、うつ病はそのまま放置しておいては治るものではなく、更に悪化させてしまう病気としています。

 

最初では体調不良として内科を受診したもの、結局はうつ病と診断される人も少なくないようです。当初は軽い症状であったため治療に専念することなく仕事をしていた方も、悪化し会社を辞めなければならない状態とする人もいます。そこで当分の間は雇用保険により受給することで生活することができますが、それがなくなると生活するお金が不足することが考えられます。

 

しばらくの間だけと軽い気持ちで借入れをしたもの、なかなか症状がよくならずに繰り返しお金を借りることによって最終的に返済が困難としている人もいます。そのためうつ病が原因で借金をし、支払い不能に陥る人も実在しています。

 

うつ病で債務整理!

 

収入の見込みもなく借金を繰り返すことによって、その後返済ができなくなってしまうことは予想されることでもあります。そのため弁護士や司法書士に相談することで、債務整理を視野に入れ最善の方法で借金問題を解決してくれます。しかし仕事ができないからだであれば、今後の生活費も考えなければなりません。

 

そのため自己破産をして借金をゼロにしてから生活保護の受給を受けることも一つの案としています。そして病気を克服して働けるようになれば、元の生活に戻すことも期待できるとしています。

 

借金の返済ができない!うつ病発症!

 

反対に多重債務となり借金を繰り返す人のなかにはうつ病を発病することもあります。特に真面目な方では返済ができない後ろめたさや支払い日が近づくにつれて不安となったり、返済のために工面に奮闘するなど大きなストレスが原因としています。そしてうつとなることで仕事ができなくなり収入が激減し、借金を滞納する日々が続くことが予想されます。

 

そのためそうなる前に借金の専門家である弁護士、司法書士に無料相談をするべきとしています。話をすることで精神的にも軽くなり今後の、解決策を提案してくれますので再出発する見通しを立てることができます。